読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

∑考=人 〜プロメテウス〜

そして今日も考える。

とりあえず働こうと思う

免除期間も終了し、最近は残業する機会が増えた。電車通勤圏内だったならば、仕事が終わってからもまだ移動という重大なタスクが残っていることに落胆していたことだろう。残業をするようになって、改めて家が近くてよかったと思う。

 

私は残業することに対して特に何も感じない。もちろん、給料が発生しないのであれば多少のモチベーションの低下は免れないとは思うが、少なくとも今は残業をした分だけお金を稼いでいるという実感もなければ、お金がたくさんもらえることに関して大きな喜びも感じない。逆に言うと、それでも残業すること自体に大きな抵抗はない。

 

一般的には、残業することでプライベートの時間が減ってしまうなんて勿体無いという意見を持つ人の方が多いのかもしれない。ただ、私にはこれという趣味がない。早く家に帰っても大してやりたいこともない。読書熱もブログ熱も最近はめっきり冷めてきている。大量の時間があれば着手していたことも、限られた時間の中では大してやる気にもなれないようになった。

 

もしかすると、色んな行動の意味について考えるようになってしまったのも原因かもしれない。何をするにしてもそれが何かの役に立つのだろうか、自分のどんな能力の向上に繋がるのだろうか、みたいなことを考えると、どれも無意味に思えてくる。ならば、せめて役に立つことをしようと考えると、たくさん働いて仕事を覚えるのが一番自分へのメリットが大きいように思う。

 

とりあえず今は半社畜化して、仕事が楽にこなせるようになった後でプライベートの時間の使い方は考えようか。