読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

∑考=人 〜プロメテウス〜

そして今日も考える。

国の借金のヤバさを自分の頭で考えてみる

突然だが、国の借金が現在どのくらいあるか知っているだろうか。私は正直2兆円ぐらいだと思っていた。しかしながらこれは無知丸出しの回答で、実際には昨年の時点で総額1000兆円を超えている。

www.nikkei.com

 

ただ、これを聞いてもあんまりピンとこない、すなわち自分にはあんまり関係ないのではと感じる人も多いのではないかと思う。実際、国がいくら借金を抱えていようと、私たちの生活には何ら問題はない。ただし、大きなリスクがあるということは理解しておいたほうがよいだろう。

 

そもそも、国の借金とはなんぞや?という話であるが、これは一般的に国債と呼ばれているものの総額であって、国民全員が抱えている負債額の合計値ではない。国債とは、国が何らかの政策を実施する上で、資金が足りない、あるいはお金が必要な時に、銀行などからお金を受け取る代わりとして発行する借用書のようなものである。

 

国債と引き換えに国は多額の資金を得ることができるのである。ただし、国債と言えども借金なので、金を貸してくれている金融機関には利息を払わなければならないし、元本の金額もいつかは返済しなければならない義務がある。逆に言うと、国債には投資的な側面もあり、個人投資家国債を購入することも多い。

 

もっと言えば、私たちも間接的には国債を借りていると言える。銀行へ預金したお金がそのまま国へ貸し付けられているからである。私たちから見れば銀行とはお金を預けておく場所でしかないが、銀行から見れば、私たちからお金を借りている状態なのだ。

 

以上をまとめると、国は、銀行とか個人から合計で1000兆円の借金をしている状態である、と言える。そして、それらを返済できる能力はないのである。仮に今国債を保持している全員が国債を換金しようとすると、国は財政破綻してしまうのだ。というぐらいにやばい状況なのである。

 

では、こんなやばい状況にもかかわらずあんまりやばくなさそうにできるのはなぜなのか、という点が引っかからないだろうか。その大きな理由の一つに国債発行の限度額が関係している。

 

例えば、私たちが個人として、プロ○スとかにお金を借りようとしても、いくらでも借りられるわけではない。その人の年収、すなわち返済能力に応じた上限額が定められているはずである。

 

この上限額の制約に伴って、複数の金融機関からお金を借りるのも困難である。最初に金融機関Aから100万借りる。金融機関Aの返済期限がきたら利息分含め金融機関Bから200万を借りる。金融機関Bの返済期限がきたら利息分含め金融機関Cから300万を・・・と続けていけば借金は増え続けるが、生活することはできる。この裏技を使えば一生働かずに暮らせるのではないか?と中学生ぐらいに思いつく人は私以外にもいるだろうが、上限額や審査の問題からこれはできない。

 

しかし、である。国債には上限額が存在しない。よって理論上はいくらでも借りられるのである。

 

また、複数の借入先からお金を借り続けるという上記の裏技も実行可能である。というよりも、ここ数年、数十年はこう言った裏技を使い続けているため、借金は増えているが、生活は特に困っていないように見えるのだ。

 

ただし、本当に際限がないわけでもない。日本国民全員が保持している個人資産総額を超えてしまった場合にはアウト、財政破綻である。ちなみに日本の個人総資産額は1700兆円だという。

 

他のリスクとしても、国民全員が一斉に預金を下ろすと財政に大打撃を与えることになる。実はすごくやばい状況である。そもそも、日本は毎年数十兆円の借金を増やし続けており、国を擬人的に捉えれば、借金の返済能力は皆無、審査なんて通るはずないぐらいにショボい。しかも利息もほとんど払わないという劣悪物件なのである。

 

しかしながら、何如せん国民の金融リテラシーが低すぎることや、過度な安定志向のお陰で、結果的に今時点では何ら問題にはなっていない。日本の借金のことをすごく問題視している人と、全く問題ではないと主張する人が二極化しているのもこのためである。

 

logmi.jp

 

麻生さんが言うように、国民の9割とかがおとなしく預金し続けていれば、すぐに財政破綻することはない。そこはギリシャとの圧倒的な違いだ。でも、国債の信頼度が高い理由は、さっき言ったように日本人がお金に対して無知で、安易に預金という選択をしがちなだけ。そういう意味では私たちは政府に騙されているのだ。そして、増税しても日本国の年収は毎年赤字、という事実を踏まえると個人としてどうするべきかは見えてくるだろう。

 

はっきり言って数十年後はみんなが預金し続けてくれても立ち行かなくなる時が来る。”今”はまだ崩壊間近ではないってだけで。そのことに気づいている人はそろそろ円を替えてるかもしれない・・・。

 

インプットはこちら↓

 

ギャル男でもわかる政治の話

ギャル男でもわかる政治の話