読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

∑考=人 〜プロメテウス〜

そして今日も考える。

目標を達成したい全ての人に 〜アプリリリースのお知らせ〜

Androidアプリ、作りました。

 

f:id:n1dalap:20170123231117p:plain

 

無料です。課金制度も広告もありません(少なくとも今は)。単純なアプリですが、ブログも書かずに結構真剣に作ったので是非とも使って下さい。

 

Google Play で手に入れよう

 

 

はい。サブタイトルの通り、タスク管理のアプリです。ただ、普通のToDoリストではなくWBS用のアプリです。

 

私が今の会社に入ってよかったと思えることの一つに、「WBSを頭の中で考えられるようになったこと」というのがあります。

 

WBSとはWork Breakdown Structure の略で、直訳は作業分解図などとも言われるみたいです。とある大きなゴールを達成するために必要な作業を分解し、それを繰り返して、細かい作業(タスク)に分解したものです。主にシステム開発の現場などプロジェクト型業務の組織で使われてます。

 

WBSの重要なポイントはMECEである(漏れや重複がない)こと、そして実行可能なレベルまで具体的になっていることです。この2点が不十分なWBSをもとにプロジェクトを進めると必ず問題が起きます。

 

タスクの漏れがあると、誰もその仕事をやらないのは当然として、最も注意が必要なのが具体性です。人間は何から手をつけてわからない仕事をついつい後回しにしてしまいがちだからです。だからこそ、実行可能な具体度で記述しないといけないんです。

 

逆にこの2点さえ満たされていれば、プロジェクトの成功確率はぐっと上がります。他にも、そのプロジェクトを完遂するためには何をしなければならないのか、今やっていることは何に繋がっていて、他にはどんなタスクが残っているのかを理解することができるんです。

 

で、これはチームで仕事するからでしょ?と思うかもしれませんが、個人だって全く同じ話です。例えば、「ダイエットする」を目標に掲げたものの、結局先延ばしにして、気がついたら年が明けて「今年こそは!」なんて言っていないですか。こうなってしまうのは意志が弱いからではありません。「ダイエットする」が何をすることなのかが漠然としてしまっているからです。

 

例えば、「ダイエットする」といっても、大きく二つのやり方があります。それは「食事を減らす」こと、そして「運動をする」ことです。さらに食事を減らすといっても、朝食を抜くのか、夕食を抜くのか、間食をやめるのか、いろいろと選択肢があります。

 

そしてそれを決めない限り、いつまでたってもダイエットはできないのです。つまり、「ダイエットする」という目標達成のためには「ダイエット方法を決める」というタスクが必要なのです。

 

加えて、「ダイエット方法を決める」ためには、どんなダイエット方法があるのか、そして、それぞれのダイエット効果およびメリットやデメリットを知っておく必要があります。すると「ダイエット方法について調査する」というタスクも必要なことがわかります。

 

そして、「調査」の仕方も具体的にすると、「ダイエットの特番を見る」、「ダイエット本を読む」、「ダイエットに成功した友人の話を聞く」などの方法が考えられます。どうでしょうか。今すぐダイエットはできないですが、「ダイエット本を読む」ぐらいなら簡単にできる気がしませんかね。

 

と、上記のような思考を助けてくれるのがWBSです。実際には下記のようなツリー構造のリストを作るイメージです。

 

ダイエットをする

 ダイエット方法決定

  ダイエット方法調査

   ダイエット本読む

   ダイエット成功者の話聞く

   ダイエットの特番見る

  ダイエット方法比較検討

   代表的な方法を5つピックアップ

   メリットデメリット整理

   ダイエット方法選択

 ダイエット実施

 :

 効果測定

 :

こんな風に表現すると、今何をやっていて、あと何をやれば目標達成できるのかもわかりやすいですし、シンプルに「進んでいる感じ」がしてモチベーションもあがります。あなたが普段たった一行で表現してしまっている行動も実はもっと細かい作業が積み重なってできている、ということがわかるでしょう。

 

正直言うと、このアプリは私自身が使うために開発しました。仕事でバリバリ使うほどにリッチではなく、かつToDoリストほど柔ではないものに仕上がっています。なので、個人として使うのに最適なのではと考えてます。

 

「まぁ無料だし試しに」ぐらいの感覚でインストールしてもらえれば、と。ぜひともよろしくお願いいたします。